家修理二十五日目

c0030432_74534.jpg我が家の梅も満開になりました。
そのほかにもいろいろ生えてきました。
前の家主さんが庭いじりが好きだったらしく、とにかくいろんなものが生えてます。
冬には想像も出来なかったくらいにぎやかです。


c0030432_7443352.jpgそして車検の為の代車。
エッセという名前らしい。
なかなかよく走るし、室内も頑張っている。
やはり最近の軽の出来はすばらしいですな。
[PR]
# by water_land | 2006-04-03 07:46 | Do it yourself

メカトロウォール

あいにくの雨の為、今日はメカトロでロープワークの講習。新人のH尾さんも加わる。
延命公園を8時くらいに撤収したので、メカトロについたのは8時半。なんだか朝練みたいな気分。
二人ともクライミングの経験はあるので、ありきたりの講習では面白くないのでウンチクを絡めた講習にした。
まずは同じように見えて編み方や幅、原糸の素材が違えば全く性格が変わるスリングから。
素材ごとのスリング類の使い分けや特徴、実際の使い方などを簡単に説明し、最後に便利な携行の仕方各種。
それから、自己確保の取り方と注意点の話をし実地訓練。
壁の終了点を下から見て、セルフを取るのに何が使えそうか、どう取ればよりよいかを判断し、ギヤを選択して実際に壁の最上部まで登って自己確保を取る練習をした。
さすがにやる気のある人は吸収も早い。物にするにはまだ時間がかかるだろうが、その成長振りになかなか頼もしく感じた。
最後の講習はFIXロープを使ったソロクライミング。
ここはトップロープ専用壁であるが一本固定ロープが張ってあるので、それを利用したソロでの練習方法を紹介し、実際にやらせてみた。
できればこのくらいは普通に出来るようになって欲しいところ。性格的に無理というケースはあるが、基本的には本人のやる気次第なのでがんばって欲しい。
まだ教えたいことは山のようにあるが、確実にモノにしていって欲しいのでこの日はここまで。
昼からは久しぶりにKO-WALLに行って遊んだ。
[PR]
# by water_land | 2006-04-02 14:28 | Climbing

総会

今日は山の会の総会の日。早めに集まって総会資料の印刷。
最近どんどん公共施設の使い勝手が悪くなるので今後に活動に支障をきたさないかちょっと心配。
とりあえず総会は総会屋に荒らされることなくつつがなく終了(当たり前か…)。
その後は飲み会。ここ最近は屋内であったが今年は屋外での飲み会。
前事務局長と外がいいよねといっていたら、長老から外でするとの連絡が。迷わず乗っかった。
楽しい時間が過ぎるのは早い。まだ色々しゃべりたかったが時計は2時。
明日は晴れれば大鳥居、雨ならメカトロウォールでロープワーク講習会。
クライミングもするのでそろそろ寝ておかねば。
[PR]
# by WATER_LAND | 2006-04-01 17:27

山行集2

今日も昨日の続き。でも、昨日よりだいぶ人手が多い。
速攻で目途がついたので、いつもなら総会当日にやってた装備点検を済ませることにする。
当日にあれが無い、これが壊れてるというのも不細工な話だしね。
総会資料は当日になったが、これで事務局の負担は少しは減ったかな。
それらが終わった後、森銀とF谷君とで雪野山か延命公園に行こうと思っていたが雨がぱらついてきた。
仕方ないので、メカトロウォールへ。S野さんも行きたいということで4人で遊ぶ。
6級から4級程度のボルダ―と5.11abのルートを追加(リーチもんなので女の人には厳しいかな)。森銀もひとつ作ってくれた。
森銀用にもうちょっと難しいのも試登中。おそらく5.11b~cくらい。
でも、インスピレーションもそろそろ限界。早く新しいホールドがほしい。
[PR]
# by WATER_LAND | 2006-03-25 22:29

山行集

山の会の総会が近い。この時期になると毎年一年間の山行をまとめた冊子を印刷する。
今日がその作業日。集まったメンバーは若干少ないけどみんなテキパキ動きだいぶ先が見えてところでミスが増え始めたので終了。
[PR]
# by WATER_LAND | 2006-03-24 22:26

家修理二十四日目

c0030432_222916100.jpg今日は工作。
家の修理のためと称して工具(つまり私のおもちゃ)をたくさん買ってもらった。
欲しいものはまだあるが今後の購買がスムーズにいくように、ここらでちょっとゴマすり。
カモノハシは海洋堂のフィギュアをたくさん持っている(ほとんどもらい物だけど)。
結構大切にしているが、今の家には飾るところがないので薄暗い水屋のなかに並べられている。
ちょっとかわいそうなので、ディスプレイケースを作ってあげた。
写真にはないが前面にアクリルのカバーが付くようになっている。
3mm厚と5mm厚のナンヨウスギを使ったが3mmと5mmに彫った溝に入らない。
おかしいと思い測ってみると3.2mmと5.1mm。おかげで予定の倍の時間かかった。

c0030432_22293612.jpgそして、ついに我が家の梅が開花。
黄色みがかった白い花。かわいい花ですね。
派手に咲くサクラも悪くはないですが、私にはこれくらいがちょうどいいです。
[PR]
# by water_land | 2006-03-23 22:29 | Do it yourself

大鳥居@クライミング

うちの会の若手であるF谷君とYAMORYがクライミングに行きたいというので大鳥居に行ってきた。
前日から天気が怪しそうであったが、当日起きてみると快晴。
とりあえず、午後から崩れそうではあったが、登れるかなんて行ってみないと分からない。
午後で上がるつもりで出発。
着いてみるとあられが降っている。それでもいけると四度目の青春にトップロープを掛けにいく。
ワングレードは上がって感じた。
次にF谷君。トップロープでトライ。頑張るが核心を越えられず。
次にYAMORY。岩デビューでちょっと触っただけ。
天候もさらに悪くなり、私が回収に行く。ビチョビチョの上、寒さで指感覚ゼロ。体感11bでした。それは行けんわな…
撤収してKO-WALLでYAMORYのコーチをした。
[PR]
# by WATER_LAND | 2006-03-19 12:04 | Climbing

家修理二十三日目

c0030432_22264214.jpg我が家にはMTBが3台ある。
さすがに3台もあると置き場に困ることがある。
新しい家には十分なスペースがあるとはいえ、どうせ今後も道具は増えるのだからコンパクトに収まるにこしたことはない。
そこで、MTB用のラックを作った。
1100×900のスペースに3台が収まるようになっている。
赤い物はDIYなどで売っているコーナーバンパー。
前タイヤをクランプするようになっている。
細引きはタイヤの空気が抜けてもこけないように転倒防止。

c0030432_22271640.jpg天井がほぼ完成した。
ほぼというのは、途中で釘がなくなりまだ打ちつけていない。
ノコもだいぶ使えるようになってきて、最後に張ったパネル10枚は釘無しでも落ちてこないレベルの精度で加工できた。
次はいよいよ壁の漆喰塗り。
畳は別の部屋にあった畳をリサイクルして表替え中なので、壁が終われば二部屋目完成。
だいぶ先が見えてきた(?)
[PR]
# by water_land | 2006-03-18 22:27 | Do it yourself

家修理二十二日目

今日は夜勤明けということもあって15時終了ということで、いつものように作業開始。
相変わらず四畳の天井張りであるがやっと最後の一列までこぎつけた。あとすこし。

c0030432_803547.jpgこの日ついにトイレに扉がつきました。
どこぞのお寺から出た松の古材の扉縁、ヒノキの板に煤竹の取っ手、削り出しのかんぬきに持ち手は紅木、そして母上の描いたクマゲラとヨシキリ。
トイレの扉が作品と化してます。我が家で一番豪華なスペースです。
当分の間はトイレの前に座って扉を眺めながらお茶をすすっていそうです。

c0030432_80493.jpg外は天気が大変よく、中でずっと作業していたのでは寂しいので外へ出て庭作り。
ジツは私、造園に関してはテレビや雑誌で見た程度で全く分かりません。
家の庭にある大量の石をどう使うか悩んでいましたが、お父上は造園に関しても造詣が深く、色々と教えていただきました。
お父上のデザインで直線部分はお父上、半円部分は私が石をおきました。
全く違う雰囲気が出ていて面白いです。
まだ未完成ですが、ここもすでに私のお気に入りの一角です。
c0030432_81151.jpgいよいよ梅の花が膨らんできました。
もう秒読み状態ですが、前回の写真が悪く、その差があまり分かりませんが、もうすぐ咲くという情報だけ。
[PR]
# by water_land | 2006-03-11 08:02 | Do it yourself

冬山レスキュー講習会

岳連主催の冬山レスキュー講習会に行ってきた。
私はアシスタントで参加であるが、レスキュー技術や考え方は毎年少しずつ変わるので聞いていると現在の日本での遭難対策のあり方がわかって面白い。
今までの日本のレスキューの講習って形式だけであまり現実的でないのが多かったけど、より実践的な方向にむいてきたような気がする。
今回、講師の方が面白いことを言っていた。ビーコンの受信範囲のことであるが、アクセスのトラッカーはカタログでは50mになっているが実際には30mしか届かないといっていた。
確認してみるとトラッカーのカタログには
  受信範囲 : 50mまで(トラッカーが発信した電波を受信する場合)
と表記されていた。他社のビーコンではいかんのか?それともトラッカーは発信の電波が強いのか?謎である。
それともう一つ。私の持っているオルトボックスのm1である。カタログでは80mとなっているが講師の人は50mだったと言っていた。
その発言について調べてみると北海道雪崩事故防止研究会の報告を引用したくさい。
少なくとも私のm1は過去にチェックしたときは60mでも受信した。(距離は道路のセンターラインを利用したので正確ではないかもしれないが)
トラッカーに関しても私の所属する会で雪訓などで人が使っているところを見ていると、とても30m程度とは思えない距離で受信していた。
調査の内容は結構いろいろなことを考慮されているようだが、どうも受信用は一台ずつで実験しているようなのでアンテナの感度にばらつきがあるのかな。
研究会の報告の中でむしろ気になったのはトラッカーの電波がm1に干渉して不安定にさせるという点。
確かに受信状態のトラッカーが近くにいると表示がおかしくなったことがあった。
数秒で直ったので寒さのせいにしてあまり気にしてなかったが、そういうことだったのか。
c0030432_10325680.jpg
休憩時間に森銀と雪堀競争をした。内容は5分でどれだけ掘れるか。結果は森銀50*50*H60、私が150*50*H20。森銀に完敗っス。1mくらい掘るつもりだったので大きく掘ったけど深さ20cmにあった氷盤に阻まれました。
ふがいない先輩でしたが、森銀に雪掘りの練習がさせれたのとその大変さがわかってもらえたようなのでよしとする。
最後にいつものごとくヘリ登場。ピックアップして終了。天気もよく気持ちよく講習が受けれた一日でした。
[PR]
# by WATER_LAND | 2006-03-05 02:20 | Climbing