新人歓迎会&綿向山登山

3日に新人歓迎会を日野町某所で行い、4日に綿向山に行ってきた。
宴会のほうは、いつもと雰囲気を変えてイスなどを極力減らし、敷物の上で膝をつき合わせて飲んだ。
やはりその方が話が深まり易いし、ちょっとしたトークで盛り上がり易い(気がする)。
そんなこんなで、いつものごとく次の日は酒が残って頭が痛かったが、朝食に食べたおろしそばのおかげで復活。二日酔いにカラミ大根の大根おろしって効くね。予想以上の効果でした。
綿向山登山は天候もよく、気持ちの良い山行でした。
c0030432_17464077.jpg
山頂で咲いていたヤマツツジ?とてもきれいでした。







下山中に子どものヤマカガシに遭遇。毒の強さは日本最強ともいわれる毒蛇は、何もしなければとてもおとなしい性格。だからイジメチャダメヨ!
しばらく歩くと今度は転がる毛玉と遭遇。よく見ると親指大のノネズミ。
そのまま転がりながら逃げていった。
必死に逃げようと慌てて転がる姿は、とても愛くるしいものでした。
[PR]
# by water_land | 2006-06-04 17:47

家修理三十三日目

いよいよ引越しの日が近づいてきたので、新しい家のほうも修理はちょっとおいといて、気持ちよく住むことが出来るように掃除にかかり始めた。
前の家主が引っ越す際、欲しい家具などがあればすべて置いて行くということで、あれもこれもといただいたが、いざ使おうと思うと結構修理が必要なものが多い。
タンスや脇机などを修理しながら家の掃除。
かなり散らかってましたが、これなら住めそうってくらいまで片付きました。
まだまだ、寝室と台所だけですがもっとかかると思っていたので、ちょっとうれしい。
これからは本格的に荷物運び。
引越し日まで一ヶ月を切っているので頑張らねば。
[PR]
# by water_land | 2006-05-27 07:11 | Do it yourself

現実逃避 ロープ編

今年の冬、大変ショックなことが起こった。
灯油を買いにいった際、ポリタンクのキャップにクラックが入っており、車の荷室が灯油まみれになった。
すぐに気づいて処理したが、セカンドシートの背もたれに掛けてあったロープが数本床に接しており、灯油を浴びた。
しかも、そのロープ、買ってから5,6回しか使っていないべアールのフライヤー60m。
あまりのショックに、しばらくそのロープは放置プレイ。
しかし、やはり逃げっぱなしはいけない。
そう思いネットなどでロープを探していると、パンプで一万円以上お買い上げで送料無料&0円商品(ようするにご自由におとりくださいのネット版)が数点あったり、購入金額ごとにサービス品が付いてきたりと面白い企画をやっていて、おまけにエーデルワイスのアクシス60mがそこそこ安かったのでここぞとばかりに購入。
これで心置きなくフライヤーはFIXロープに出来ます。
皆さん、新品同様のFIXロープを見つけても拾って帰らないようにしてくださいね。
[PR]
# by water_land | 2006-05-25 14:24 | Gear購入

安乗@ジギング

久しぶりに三重県に行ってきた。天候はあいにくの雨。
ずっと晴れていたのにこの日だけ…ちょっとショック…
しかし、船長の話では雨でもこの時期、南東の風であれば魚は釣れるとのこと。期待しながら、安乗沖へ。
ジギングのコツはその日の魚の気に入るリズムを見つけること。
今日はどんなリズムでいくか考えながら一投目。
水深35mであるが、10mくらいでラインの出が止まった。
いきなりヒット!どうもジグのフォーリング(沈下時の動き)に反応したくさい。
ということは、リズムを重視するよりフォーリングでジグを見せた方がいいかも。
ジグのシャクリもフォーリングを長めに取ってやると、これがドンピシャリ!
私は70匹くらい、後輩が50匹くらい釣り、時間はまだ2時間あったがクーラーが満タンになったため帰港。
私のクーラーは後輩のクーラーよりだいぶ小さく、持って帰った魚は後輩70の私50。
45~60センチくらいのナイスサイズばかりで、大口引き取り先であるコージさんのところをはじめお世話になっているご近所の人たちに配達。
未処理の魚をそのまま引き取ってくださるありがたい方々です。
そして私は我が家用の魚をひたすら処理。
干物用に10匹塩漬け、焼き魚等に3匹2枚おろし。
マサバは秋が旬だが、ゴマサバは夏が旬だそうな。
旬にはちょっと早いが、作ってくれた〆サバはかなりうまい。
干物の出来上がりが楽しみだ。

c0030432_17451473.jpg
[PR]
# by water_land | 2006-05-23 23:07 | Fishing

クライミング体験教室

私の所属する山岳会で、毎年恒例のクライミングを体験してみたい人を募集し自然壁に登りに行くという企画が開催された。
今年は一般参加者が二人と、いつもよりだいぶ少ないがそのおかげでうちの会の人たちにも色々指導が出来た。
しかも、今回の一般参加の女性方は二人ともとても筋がよく、ちょっと教えてあげるとひょいひょい登っていた。
クライミングにかなり興味を持ってくれたようで、とてもうれしい。


c0030432_8582240.jpg

写真は一般参加の女性。
[PR]
# by water_land | 2006-05-21 08:58 | Climbing

赤目自然農熟

今月の赤目は先月撒いた種籾の成長具合の確認だけ…のはずがほとんど稲が出ていない。よく見るとモグラの穴がそこらじゅうに。
でもモグラは種籾を食べたりしない。荒らされてちょっと成長が遅れたのかと思いきや、カモノハシがチェックすると種籾の中身がないらしい。
どうやらオケラにやられたようでモグラはそのオケラを狙ってやってきたようだ。
自然農は川口氏が考え、実践してきた農法で三十年の歴史があるが、未完成の部分もあるようで話しの端々にこれで試してみよう的な言葉がよくある。
オケラ対策もその一つのようで、相談はしたものの今回もモグラ対策のみを施し後は天に祈ることになった。
昨年は水管理と株間が広すぎて失敗し、今年こそは頑張るぞと意気込んでいた矢先のトラブルであるが、早生種の稲で苗床を作り直すことで何とか凌ぐことになった。
色々なトラブルを解決しながら前に進むのは、自分が成長している気分になれて楽しい。
ただ、苗床がうまくいかないとこの一年楽しみが減るので何とかそれだけは防ぎたい。
でも、祈ることしか出来ないのがちょっと寂しいかな。
[PR]
# by WATER_LAND | 2006-05-14 01:25

家修理三十二日目

今日で漆喰壁は終了する…予定。
先日塗った壁は完全に乾き黄色に見えたいやらしい感じの壁はやわらかい白の落ち着いた壁になりました。
左の壁と奥の壁の白っぽい部分が乾いたところ。黄色い部分が塗りたて。
随分と色が変わるものです。
大まかには完成ですが、細かい部分の仕上げの悪いところの修正が最後に入ります。
その作業は後日。やはり予定は予定でした。

c0030432_17385665.jpg
[PR]
# by WATER_LAND | 2006-05-07 11:49 | Do it yourself

家修理番外編

今日も家の修理。しかし、いつもとちょっと違って今日は人の家。
最近知り合った余呉の野良師さんが、かやぶき屋根を自分で修理している人の手伝いに行くとかで、ご一緒させていただく。
場所はマキノ。行ってみると茅葺きの家がたくさんある。
まだまだあるところにはありますね。
でも今年の大雪のせいで屋根が傷んでいるものが多かった。中にはひどいのもある。
このまま茅葺きが減っていくんじゃないかとちょっと心配。
人の家ですが、何とかこの景色を維持していただきたいと切に思います。
お邪魔したフクイ氏のお宅には、すでに野良師さんとそのお友達が作業にかかっていた。
早速、手伝おうと家の中を覗くとヨシがギッシリ!どこで取ってきたんだといわんばかりの量です。
まあ茅葺きは茅をケチったらいいものが出来ませんので茅の確保は必須なんですけど。
(この場合の茅とは茅葺き屋根に使うイネ科の植物の総称です。ススキ、ヨシ(アシ)など)
茅葺きの構造は本などで知っていましたが、実際に葺いてみるのは当然初めて。
またそんなことを自分でやってみようと行動されているフクイさんに大変感銘を受けました。
難しいイメージでしたが実際にやってみて、これなら出来そうと思いました。
やったのはほんのわずかで、下準備は整っていたんですが、私の茅葺きのイメージがガラッと変わりました。
やはり何事も経験しなくては。
次の家を探すときは茅葺きも候補にいれたいと密かに企んでいます。
こんな貴重な体験をさせてくれたフクイさん、教えてくれた野良師さん、ありがとうございます。
[PR]
# by WATER_LAND | 2006-05-06 12:04 | Do it yourself

家修理三十一日目

そろそろ畳屋から畳を引き上げたいと思っていたが、その前に四畳の漆喰壁を仕上げなければいけない。
しばらくまとまった時間が取れそうになかったので連休中にやってしまうことにする。
しかし、気温が高すぎて2時間ほどで乾きだすはずの漆喰が20分ほどで乾いてしまう。
壁の模様は指均しでつけるつもりでしたが、一人ではそこまでする時間がなく簡単なコテ模様の壁に変更。
それも一面塗り終わると畑をやっていたカモノハシのほうから応援要請が来てそちらの手伝い。
外の作業のほうが気持ちいいかと思いましたが、もう汗ばむようになってきました。
もうすぐ立夏ですね。
[PR]
# by WATER_LAND | 2006-05-05 11:38 | Do it yourself

鹿児島旅行

鹿児島に旅行に行ってきました。
詳しくはこちらを。

5月2日は別行動だったので私はその日の日記を。
カモノハシのメインは昨日のえびの高原。私のメインはこの日のジギング。
目指すは宇治群島。むちゃくちゃ早い船でしたが2時間半かかりました。
大物のメッカですが、船長曰く、今年は潮がおかしいそうです。
若狭あたりの船長なら単なる責任逃れと見るところですが、とりあえずほんとかどうか確認。
潮はかなり早jく見えるのですが、船長はしきりに底潮が動かないと言っている。
水深30Mの場所では、この水深でそんな馬鹿なと思ったが、70Mに移動すると底から10Mくらいでジグの重さが変わるポイントがある。二枚潮が入っているのは間違いないようで、ラインの方は水深プラス5Mくらい。
底潮は走ってないようだし、どうやら船長の言っていることは間違いなさそう。
初対面ですが船長が信頼できると思えると釣りに集中しやすい。
国内ではトップクラスの大物の宝庫といわれる海域での釣りということで、気力の充実度はいつも以上に高かったし。
釣果の方は4kgのカンパチ一匹とちょっと寂しかったですが、船中で2番目タイだったし良しとしておこう。
常連さんたちの日本記録狙ってるんですかと言いたくなる道具には少々ビビリましたが、なかなか出来ない釣りを楽しめました。
[PR]
# by water_land | 2006-04-30 09:25