<   2006年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

家修理十三日目

廊下の仕上げ完了。あまり変り栄えしないので写真は無し。廊下の隙間のマズメに手間取り、廊下の完成は来週に持ち越し。今日も地味にしんどかった。
[PR]
by water_land | 2006-01-29 09:35 | Do it yourself

家修理十二日目

c0030432_92610100.jpgクッションフロアをはがした後の廊下です。接着剤やはがした後が残っていてひどいことになっています。


c0030432_9261911.jpgサンディングで磨いた後。地味ですがここまで磨くのに丸一日を要しました。でもまだ中仕上げで明日最終仕上げ。面積が広いので一苦労です。


c0030432_9503171.jpgそしてついに囲炉裏縁が完成。どこぞのお寺から出たという松の古材を使って作ってくれた。なんかとても存在感がある。
[PR]
by water_land | 2006-01-28 09:24 | Do it yourself

家修理十一日目

c0030432_8333320.jpg
居間の修理が終わって今度は縁側の修理。
前に住んでいた人がクッションフロアをひいていたが、これがあまりセンスがよろしくない。また、一部床が痛んでいて修理が必要。
ということで、クッションフロアを引っぺがしてみた。
お父上曰く、松らしき材を使った廊下であった。ちょっと隙間が開いているのと下の垂木が折れているだけのようなので比較的簡単に直せそう。でも隙間埋めはお父上の助けを借りることになるだろう。
垂木を補強し、束柱を追加。ホゾが痛んでいるところも補強。
なんだかこの廊下、昔の学校の教室を連想する。材としてもよい雰囲気がある。
やはり見せるように仕上げるべきところだな。

本日、TAG3隊長が家族で遊びにきてくれた。まだ工事中の我が家であるが探検気分で来てくれたみたいだ。
私の作った囲炉裏のフタのガタツキ具合が愛娘あづちゃんの心を捉えたようで、その上をしきりに飛び跳ねていた。そのような思惑はなかったが子供が喜んでくれるとうれしいもんだ。
[PR]
by water_land | 2006-01-22 08:32 | Do it yourself

家修理十日目

c0030432_8182278.jpgいよいよ囲炉裏のフタも今日が仕上げ。フタの取っ手を取り付ける作業にかかる。
取っ手は回転式で必要ないときはしまえるやつ。こういう細かい作業もなかなか楽しい。


c0030432_8242899.jpg
周り縁を打ち終わった。これが完成した居間。8畳と5畳をくっつけたが鴨居がそのままなので身長が171センチ以上の人は頭上注意。って鴨居が写ってないやん…
[PR]
by water_land | 2006-01-21 08:15 | Do it yourself

家修理九日目

新しい家には井戸がある。前に住んでいた人は風呂と洗濯に使っていたようであるが、井戸水にどんな物質が含まれているか把握できていないようだった。私自身知っておきたいことなので調査してもらうことにした。調査項目は50ありすべて受ければ18万円也。
そんなにかかるんかと資料を送ってもらうと関係なさそうなものも多く含まれていた。
まず目に付いたのが消毒残留物質。井戸水なので消毒してないしこれな関係なさそうなので削除。
次に地下水汚染物質。これは受けなきゃね。7項目で27000円。
それと、甲南の廃棄物処分場の地下から出た水銀を併せて合計32000円。
基本的な水質調査9項目は保健所でしてもらえば約半額なのでそちらに依頼し4250円。
水が安心して使えないというのはジツに悲しいことだと思った。
[PR]
by water_land | 2006-01-17 07:56 | Do it yourself

家修理八日目

母屋の床張りがやっと終わった。囲炉裏周りの仕上げは結構がんばったのでなかなかよい収まりになった(と思う)。
お父上の計算ミスがあったようで同縁と床板は同レベルになる予定が5mmほど同縁が高くなった。まあ特に問題なし。
お父上がトイレ増設を申し出てくれた。トイレもかなり古かったのでこれはうれしい。
床や壁の張り方は大体わかるが建物の基礎ことはあまり知らないので勉強させてもらおう。
[PR]
by WATER_LAND | 2006-01-15 11:48 | Do it yourself

家修理七日目

床板の仕上げもやっと囲炉裏のところまできた。でも本当はここからが大変なところ。
囲炉裏縁は取り外し式で、常時は同縁とフタが見えているだけ。でも、このフタの木目を周りと合わせたりしたので失敗が許されなくなった。
床の仕上げも先が見えてきた。後もう少し…
回り縁を打って囲炉裏のフタに取っ手をつければ母屋の床周りは完成。
仕上がりはまずいところもあったりするが、雰囲気はよい部屋になってきた。

c0030432_1852373.jpg

[PR]
by water_land | 2006-01-14 18:52 | Do it yourself

リコール

リコールのはがきが届いた。内容はエンジン組み付け時に使用する洗浄液の除去が適切でなく残留した洗浄液がのコンロッドの締め付けボルトを腐食させ、最悪折れてしまうそうだ。
『コンロッド』…『折れる』……なんか聞いたことのある響きだ………
おいトヨタ! リコール出すのおせーぞ!
             もう折れたっちゅうに!!

今の車は前のやつの色違いなので早めに修理だそ。
[PR]
by WATER_LAND | 2006-01-12 21:41

家修理六日目

今日も床の仕上げ材張り。昨日のペースでは後五日もかかってしまうと少々心配していたが、この作業にも慣れてきれ一気にペースアップ。
精度を落とさずに2/3くらいのところまで一気に張り終えた。
気持ちに余裕が出来ると先に先を考えて作業が出来るようになる。余っている材料や端材を見ながらあそこで使える、ここで使ってみようなどあれこれ考えられるようになる。でも、一日の時間が日に日に短くなっているような気がする。もっと時間が欲しい。
あと床板で厄介なのは囲炉裏周りの仕上げ。周縁を入れないので床材の切断面がもろに出てしまう。お父上が作った囲炉裏を台無しにしないように床も仕上げねば。
カモノハシもこの日は左官屋にペンキ屋とテキパキと仕事をこなし、初めてとは思えないくらいの仕上げを見せていた。随分と仕事が進んだ気がした一日だった。
[PR]
by WATER_LAND | 2006-01-08 17:11 | Do it yourself

家修理五日目

今日から床の仕上げ材張り。今日と明日はカモノハシも参加で本人は自分の部屋になる予定の場所から始めるらしい。
床の仕上げには10mm厚の壁用を代用する。このほうが安いらしい。しかし、床材としては薄いので張るのが難しい。また端面の仕上げが悪いのでほとんどの板を切り直さなければいけなかった。慣れているお父上はそんなもんだと言っているが私には隙間無く板同士を合わせる作業が大変だ。
この作業はノミやカンナは使わずに(使うとよけい難しくなるらしい)ノコだけでということだったので最初は失敗を繰り返しながらの作業だった。
下板と違ってわずかな曲がりや傷がすごく目立つ。後を振り返っていては作業が進まないので見えない振り…
お父上は囲炉裏に胴縁を入れるところまでいっている。これで囲炉裏の完成した姿が見えてきた。なんか某番組の匠が出てきそうな仕上がりだ。
[PR]
by WATER_LAND | 2006-01-07 16:59 | Do it yourself