<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

安乗@ジギング

久しぶりのジギング。今回は初心者、二回目、4回目とO山と私の総勢5人。秋らしくハマチ入れ食いといきたかったが結果私だけコテンパンにやられました。理由はわかっているのであまり気にせず次頑張る!何年やっても思い通りにいかないところが釣りの魅力(?)かな。でも、エソのツミレはいい出汁が出てうまかった。サバフグも釣れたので今回は鍋にしてみた。まあうまいがみりん干しの方がいい。次は練り物に混ぜてみようと思う。
[PR]
by WATER_LAND | 2005-10-30 13:29 | Fishing

マキシス@フライウェイト330

XCライダーなら誰もが気になる超軽量タイヤのフライウェイト330。意外とインプレッションがないので気になる人のために私がインプレッション。
まず重量から。看板に偽りの多いMTBパーツにしては実測340g(カタログ値330g)と誤差範囲のレベルで安心できる。タイヤは全般的に薄く硬いゴムを使用している。その為、エア圧をおとしてもあまり路面への食いつきは良くならずスネークバイトの危険が増すだけである。私は通常30PSIで私用しているが、今のところスネークバイトは起こってない。
また、通常のタイヤより圧倒的にノブが小さいので表面に砂が浮いているような路面は非常に苦手で、神経を使う。しかし、転がり抵抗の小ささは特筆モノでコギの軽さを求めるならお勧めできる。
気になった点は、ゴムの耐久性とコーナーリング性能。ゴムが硬いせいかノブがちぎれてなくなったような磨耗が見受けられる。また、サイドのノブが小さいのでハイスピードでMTBを倒してコーナーリングする際、タイヤの流れ出しが非常に早い。
最後に上げた点が最大の欠点でMTBをどれだけ押さえつけてもグリップは上がらなかった。トータルバランスで行くと超軽量タイヤを望むならシュワルベのFAST FRED チューブドの方がオールラウンドに使えて良いように思う。看板通り決戦用と考えた方がこのタイヤの性能を生かせそうだ。

[PR]
by WATER_LAND | 2005-10-27 01:56 | MTB

法隆寺@MTB

奈良県在住のMTBの師匠でもあるわが友のところへ遊びに行ってきた。今回走るトレイルは、わが友のトレーニングコースである信貴山周辺だろうと覚悟を決めていたが、昨日からの雨の為そちらはぬかるむので面白くないとの判断から法隆寺周辺に変更になり内心ホッとする。走った場所は法隆寺→松尾寺→自然観察公園を往復。ここには近畿自然遊歩道が繋がっており、この辺でも有名なMTBのトレイルとなっている。乗車率も登りの技術があれば99%乗れ、下りは100%で気持ちよくかっ飛べる。但し、雨上がりはこけた岩や木に根がとてもスリッピーになり鬼テクがいる。ちなみにわが友はそんな状態でも乗車率99%であった(私は80%くらい)。坂はグリムよりきついが、全体的に路面が硬く走りやすい。
MTBがトレイルを破壊しないように各所に水切りが設けてあったり、MTBバイカーを啓蒙する立看板があったりと、ここを利用する人の多さ、またローカルのこの地への思いが伺える。
近畿自然遊歩道以外にも何本かトレイルが繋がっており、全て走ろうと思うと一日では足りない。スケール、内容ともお勧めのトレイルである。この道は法隆寺周辺のお寺をつなぐ道でもあるのでハイカーやお寺めぐりの人などが大変多いので訪れる際は十分注意されたし。
[PR]
by WATER_LAND | 2005-10-23 02:06 | MTB

ロックショックス@MAG21エアバルブ修理

13年前、ロックショックス社がリリースしたMAG21。当時は一斉を風靡し、一流レーサーたちが使っていたそれに私も憧れたものであった。そのMAG21を友人より譲り受けてもう3年になる。メンテナンスの方も私の知っている限りで、いまだにMAG21のOHをしてくれるのは大阪の一店だけ。どの店もパーツの入手が非常に困難な為、引き受けてくれない。大阪の店もオイル交換と清掃のみという状態。そんな事情を知っていたので大事には使っていたが、ついに恐れていたことが起こった。エアバルブがつぶれてしまったのである。その日から、私の試行錯誤の日が始まった。使えそうなものを物色しエアバルブの試作を作るがうまくいかない。エアバルブといっても、φ7.5×L8の小さな円筒のゴムに穴と逆支弁代わりの切れ込みが入っているだけのものであるが、作るとなると材料が見当たらない。何とか10mm厚のゴム板を見つけφ8mmの目抜きポンチでそれらしいものを作ってみた。どうしてもエアが洩れるので硬めのグリスを厚めに塗ってシーリングしてみたら見事に成功。何とか復活させることができた。
[PR]
by WATER_LAND | 2005-10-19 22:29 | MTB

赤目自然農熟

いよいよ私の田んぼも収穫の時期を迎えようとしている。しかし、稲刈りの時期がわからない。稲の2/3、田んぼの2/3が黄土色になったら稲刈りの時期と教わったが、場所により生育具合が著しく違い、判断が出来ない。でも、稲の状態ですでに発芽している(穂発芽というらしい)物もあるし、とりあえず半分だけ稲刈りすることにした。これなら失敗しても半分だしね。まだ半分しか刈ってないけど、この一年のことを思い出しながらの収穫。正直、毎月失敗していたような気もするが、それが来年への反省材料になる。来年の期待と希望もけっこう大きい。なぜか今年より上手く出来るという妙な自信まである。それに初めてすることというのは学べるものが多い。米作りだけでなく、虫や動物たち、それに私の苦手分野である植物についても随分勉強できた。米作り、はまりそうだな。
[PR]
by WATER_LAND | 2005-10-09 13:31

MTB@フレーム購入

最近、ずっとヤフオクでMTBのハードテールのフレームを探していた。ヤフオクというのは夢見る人が多いのか、ありえない価格設定のものが少なくない。でも極稀に掘り出し物がある。そしてついに見つけた掘り出し物。スペシャライズドの’05スタンプジャンパーM4フレーム。スペシャの中では2番目のフレームであるが、重量はヘッドパーツ込みで1515g。よそのメーカーなら間違いなくXCのフラッグシップになるスペックである。本体価格31000円+送料1800円。FSRのパーツを移植する予定であるが、計算上の車重は10.4kg。これでMTBレースでも他の連中に負けないくらいのマシンの完成(の予定)である。

c0030432_737292.jpg

[PR]
by water_land | 2005-10-03 07:36 | Gear購入

高体連@近畿予選

2日に行われる高体連の近畿予選のルートセットを頼まれた。今回は隊長と二人なので心強いし、wisteriverくんとN村が手伝ってくれ、大変助かった。しかし、ルートの方は男子決勝で11b、女子決勝で10bである。少し寂しい。しかも、完登者なし。高校生に盛り上がりがないと、数年後の滋賀のクライミングシーンがどうなるのか心配になる。どの選手も圧倒的に経験と技術が足りない。きっと、大会の数が足りないんだと思う。高校生はもっとコンペに出て自分を磨いた方がいい。ひとつの大会が終わったら、すぐ次の目標が出てくるぐらいコンペをした方がいい。自分で目標を見つけ、その為に努力できるやつならその限りでもないが、大半の高校生は目標が無いときにすべきことを見失う傾向にあると思う。普通に登るだけでもクライミングは楽しい。みんなでワイワイやるのもいいと思う。でも本当の楽しさや面白さは、できないことが出来たときにあるということを知って欲しい。そして真に強いクライマーを目指して欲しいと願う。
[PR]
by WATER_LAND | 2005-10-02 22:24 | Climbing