<   2005年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

愛車

私の愛車スペシャライズドのスタンプジャンパーである。私の親友であり、MTBの師匠でもある男から譲ってもらった。フレームとフロントサスのセットでもらったので、私の手出しできない部分はBBだけ。そこをショップでやってもらった。その際、将来を考えてオクタリンクにしておいた。お小遣いでコツコツやってたが、こいつには女房も乗るということで特別予算が編成され、ついに9速化された。完璧である。もはや非の打ち所の無いマシンに仕上がった。Oh!My God!

フレーム:スペシャライズド スタンプジャンパー(’95Cr-Moダブルバテッド)
フロントサス:ロックショックス MAG21
フロントホイール:アラヤRM-395 Team XC
リヤホイール:マビック クロスロックUST
ブレーキ:ベルタ マグネシュウムブレーキアーチ
フロントタイヤ:マキシス フライウェイト330
リヤタイヤ:マキシス フライウェイト330
チューブ:スペシャライズド ウルトラライトチューブ
ペダル:Wellgo MG-1 Ti
サドル:ジェット VELO チタニュウム
コンポーネンツ:シマノ メガナイン

クロモリフレームで重量10.8kg。総額約70,000円。現在、フロントサスをMAG21からINDYに変更し、車重10.6kgにするかを検討中。ただINDYにすると乗り味が安っぽくなるんだよな…
[PR]
by water_land | 2005-01-31 11:51 | MTB

豊田 大田城址ボルダー

今日は豊田にボルダーをしに行く日。なんと二日酔いにもかかわらず予定通りの起床時間。我が家にJcとニコル兄弟が集合しK田さんの家に行くことになっている。はずが朝起きると、K田さんがいる。どうやら昨晩最終電車に乗り遅れ、二次会会場に泊り込んだらしい。いきなり予定変更。とりあえず、我が家に集合し、我々をひたすら待ち続けるM岡迎えに行く。途中のICでI井さんを拾って一路豊田へ。道は雪がちらつくこともあったが、快適に走れ、13時過ぎに岩場に到着。岩場はじっとしていると寒く、登ると暖かい。そんな外的要因と最近のモチベーションも手伝ってガツガツ登った。やっぱり生岩は楽しい。豊田のボルダーは繊細且つバランシーなものが多い(指パワーものも多いが)。やはり、ここにあまり来れていないというのは私のクライミング人生にとっては大きなマイナスだな。もう少し訪れる機会を増やそう。成果の方は、得意系は何とか納得するクライミングが出来たが、やはり苦手系はまだまだ…うーむ、課題は多く道は険しい。そして今回もデジカメを忘れた。画像の方はデジカメを持ってウロウロしていたM岡に任せるとしよう。
[PR]
by water_land | 2005-01-30 09:01 | Climbing

結婚式

本日、友人N原、N村両氏の披露宴だった。私の出し物はウクレレ侍(波田陽区のパクリ)。内容的に二次会ネタだったが、同席する仲間の押しもあり敢行。うけた…。限界ギリギリの出し物というのは胃が痛い。二次会はただの参加者だったので気は楽だったが、楽しすぎて、つい飲みすぎてしまった。まあこんな日くらいはいいよね。でも次の日は8時30分出発で豊田にボルダーをしに行く予定。どう考えても起きれんな…。ほとんど確信犯であるが、起きた時点で最善を尽くすと心に決め、飲み続ける。
[PR]
by water_land | 2005-01-29 08:49

オルトボックス@X1

オルトボックスから出たデュアルアンテナのビーコン。私はm1を使用していますが、オルトボックス選んだ理由はアナログとデジタルのハイブリッドにして捜索範囲を75m~80mとビーコンでは最大クラスの捜索範囲を持っている為。デジタルビーコンなので、とても使いやすいが、やはりシングルアンテナは慣れが必要。その点、X1のデュアルアンテナはビーコンの指示通り動くだけでOK。ビーコンに集中しすぎて周りが見えてなく二次遭難という最悪の事態も防げそう。最近は各社からデュアルアンテナのビーコンが出てきています(どちらかといえばX1が後発にあたりますが)。まだ体験したことがない人は、ぜひ触ってみてください。その性能に驚かれると思います。
オルトボックス・X-1
[PR]
by WATER_LAND | 2005-01-28 10:29 | Gear考察

フジタカヌー@400スペリオ

ちょっと私の持っている道具の紹介などもしたいと思います。フジタカヌーの400スペリオ。ファルトボートの老舗であるフジタカヌーのフラッグシップモデルで、カヌーマラソンで何度も上位に入るほど直進性やスピードに優れたモデルです。そうかといって曲がらないなんて事は決してなく、パドル操作に素直に反応してくれます。組み立ても慣れれば15分程度。組み立てやすさでも上位に入るかと思います。私が何より気に入っているのは組み上がった時の船体の美しさ。パシッ!とテンションの張った船体はオーナーになんともいえぬ満足感を与えてくれます。私の場合は、川、湖、海と場所を選ばず使用していますが、さすがに海で使うのは勇気が要りました。しかし、海水で腐食するような金属部分はごくわずかでその他の部材は海水、淡水問わずめっぽう強いと言うことで試してみましたが、一度洗うのを忘れたときでも普段使っている潤滑油のおかげか金属部もまったく平気。おそらくは、運が良かっただけと思いますが、金属部分さえ気を使ってあげれば海でも十分対応できる船です。
フジタカヌー 400スペリオ(EX)
[PR]
by WATER_LAND | 2005-01-27 08:50 | Gear考察

ボルダー詳細

この前行ったボルダーに関する問い合わせがあったのでもう少し詳しく。石○高校の裏に長○寺というのがあり、その脇を上がると紫○滝というのがあります。そこを目指し、通行○めの看板を横目に2~3分で右側に高さ3mくらいブロックが林の中に見えます。駐車はエスケープゾーンのない道路わきか、思い切って戻れば道の広い所があります。ネット上ではこれくらいにしておきます。看板はありますが滝に水汲みに来る人がいるらしく、私らが行ったときも何台か車が通りました。この辺に詳しい人はすぐわかると思いますが、わからない人はKO-WALLで。

PS.私のブログに遊びに来てくれた皆様。勝手にリンク貼ってました。この場を借りてお詫びします。だってこんなに早くばれるとは思ってなかったんだもん…

今週末、結婚予定のN原氏が遊びに来た。さすがにだいぶお疲れの様子。やはりどこでも結婚式の準備のときはケンカするものだと改めて確認。そういった人の話というのは妙に盛り上がってしまう。私のときと比べたり、そうそうってな感じで。結婚式って他人事だと結構楽しかったりする。
[PR]
by WATER_LAND | 2005-01-26 13:52 | Climbing

石部ボルダー

時間が出来たので、昼からKO-WALLへ。しばらく一人で登っていると、K澤さんが来た。話をしていると、今からコージさんと石部で見つけたボルダーに行くとの事で私も同行させてもらう。岩場は林道の脇にありアプローチは20秒。見栄えのするハングを擁する花崗岩のブロックである。岩の上部に草原があり、周囲もブッシュだらけで、やや整備に時間がかかる。向かって右側に6級から7級と思われるアップ課題を作り、左側のフェイスに行く。まずは直登の4から3級くらいの課題を初登する。次にトラバース課題。適度にホールドがちりばめられており、なかなか熱くさせてくれる課題である。全てのホールドがあと少しで取れない。絶望というのがないので、各セクションで頑張ってしまった。その後、KO-WALLで少し登るが、もうボロボロ。久しぶりの生岩本気トライはかなり体へのダメージが大きかった。
そういえば、今日からデジカメを持ち歩いていろいろ撮りまくろうと決心した矢先に忘れた。従って画像無し。
[PR]
by water_land | 2005-01-23 12:29 | Climbing

オーシャンズ12

友人の披露宴の打ち合わせ後、オーシャンズ12を見に行った。構成がいまいち。ブルースウイリスの使い方もいまいち。先を読まれるのを恐れすぎだと思う。でも、結局、途中から最後が読めてしまう。うーむ…て感じである。
オーシャンズ13に期待したい(あるのか?)。

[PR]
by water_land | 2005-01-22 10:02

最終日

KO-WALLに行けない悪魔の一週間が終わろうとしている。三週ごとにくるこの勤務。体はだいぶ慣れたが、二週間の頑張りをこの一週間でリセットされているような気がする。
パソコンの中身を整理していたら、大量の写真が出てきた。しかも、人のばかり。なんかに使えんかな。
[PR]
by WATER_LAND | 2005-01-21 17:28

延命公園

私のブログにはクライミングの写真が全くない。それは寂しい。ということで古い写真でもアップしてみようと思ったが、他人の写真ばかり…まあ私が撮っているんだから当然か。いろいろ探すと延命公園のトポを作ったときの写真が出てきた。課題名マーベラス。百回以上のトライでようやく登れた思い出の課題。グレードは当時使ってたグレードで”C”。最近は行ってないけどどうなってるかな?
c0030432_1052935.jpg
[PR]
by water_land | 2005-01-19 12:04 | Climbing