スペシャライズド@スタンプジャンパー

先日、奈良に住む友のところに遊びに行った際、以前、友が乗っていたMTBのフレームを預かってきた。99スタンプジャンパーM2である。保管場所もなく乗ることも無いので是非との事だったので、家にあるあまりのパーツで組んでみようと頂いた。つまり、いま私の家には95、99、05と三台のスタンプジャンパーがある。まるでスタンプジャンパー資料館やな。三台のMTBを眺めながらそう思った。
スタンプジャンパーとはスペシャライズド社が当時高価だったMTBを量産化で低価格化し、MTBを世に広めるのに大きく貢献したモデルの名前。それ以後、スペシャライズド社のフラッグシップモデルにはスタンプジャンパーの名を冠せられるようになった。
フレーム素材もクロモリ→M2アルミ→M4アルミ→M5アルミ(最高機種のS-WORKSのみ)と進化し、アルミながらカーボンに匹敵するフレーム重量に仕上がっている。
私のお気に入りはクロモリ。重量はあるが、独特の伸び感がいい。よくアルミは硬い、クロモリは柔らかいといわれるが、私の感覚ではしなやかという言葉が合うような気がする。やわらかいのに腰があり強い。そんなイメージ。しかし、このMTBは協議の結果カモノハシのものとなる。
05のM4フレームはまだあまり乗ってないけど、軽さのおかげで取り回しがいい。それほど硬さも感じない。ヘッド周りの剛性が有りすぎという話を聞いたが、ヘッド周りはあって困らんし(無い方が困ると思う)、不満ならサスで調整すればと思う。
99のM2は現在組み立て中。M2はフレーム全体が硬すぎてライダーに優しくないという話であるが、きっとトップレーサーでの話で私のスピードレンジでは全く問題ないと思われる。重量はXCモデルのアルミにしてはちょっと重めで1600g。以前、借りて乗った時はあまりの軽さにびっくりしたが、付いていたコンポーネントがシフター以外フルXTRなので参考にならん。
あまっているパーツの都合で8速になるが、9速よりパーツが軽いので意外と軽量に仕上がるかも。楽しみ。
[PR]
by water_land | 2005-11-10 08:23 | MTB


<< 胸の内 びわこカップ >>