ブラックダイヤモンド@ATC-XP

友人に貸してもらい使用。位置づけはATCの上位モデルのようである。V溝やジャバラ状など随所に工夫が見られる。が、しかしチューブ型やプレート型の確保器の制動力は確保器から出た部分の折れ曲がるロープのR(半径)で決まる(ロック機構つきは別だが)。ATC-XPはそのRが大きい。実際に制動力を生んでいる部分はその下のロープが直角になるエッジ部分である。だから、V溝もジャバラ状もロープを制動する手助けにはならず単なる抵抗にしかなっていない。又あの程度の抵抗は確保器に掛かる抵抗の内ではほんの些細なものでしかない。その為に確保器を上下反対で使用しても制動力は変わらない、あるいは反対の方が良いという意見が多いようである。V溝もジャバラ状も、あの場所ではほとんどその機能を果たしていないようである。

[PR]
by water_land | 2004-12-05 02:07 | Gear考察


<< カルザ@アイガーダブル ごあいさつ >>