桐生@MTB

最近、またMTBに乗りはじめた。今回は隊長とwisteriverクンと三人で桐生キャンプ場から竜王山方面を目指して走った。以前に走ったことがあるトレイルで、テクニカルなところも多く面白い。そんなイメージを持って走り始めるが、ここ暫らくは誰もトレイルの整備をしていないらしく草茫々で倒木もたくさん有り、楽しさをスポイルされることもあった。しかも、先頭を走っていた私はトライしごろなセクションで加速していくと、お約束のようにクモの巣が有り、ことごとくトラップに引っかかってしまった。後日聞いた話によると、このトレイルは冬になるとMTBで賑わうそうだ。確かにその方がもう少し草が枯れて走りやすいと思う。多くの人はここをダウンヒルのトレイルと思っているようであるが私は登りをお勧めする。何箇所かウォッシュアウトされたV字溝が有り、そこは担ぎになるが各所にトライアルチックなセクションが有り楽しめる。ログホップも手ごろなものから宙に浮いたものまでレベルに応じてトライできる。登りではトライアル的な要素が増える分面白い。
今回走り出しでサスのセッティングをしていたら片側のパッキンがつぶれてしまった。13年前のサスだがロックショックスの歴史の中でも名機といわれるMAG21である。かなりショックであったが、取りあえず片方は動くので何とかそれで今回は凌いだ。帰って分解してみるとパッキンが完全につぶれていて要交換である。すでにMAG21のパッキンは入手不能といわれて7~8年経つ。いまさら探す気はないが、現在自作の道を模索中。
[PR]
by water_land | 2005-09-24 07:11 | MTB


<< 高体連@近畿予選 CMJエリア@ボルダリング >>