グリム冒険の森MTBフェスティバル前夜祭

グリムのMTBフェスティバルには毎年、私の所属する山岳会の方が出場されているが、TAG3-X隊長の号令で今回は私たちも出場することになった。MTBは年に一回程度しか乗っておらず、レースにいたってはジツに十年ぶりで、いったいどうなることやらと隊長と前日にレースのコースを試走しておく。予想通りテクニカルな部分はなくスタミナで押せるコース設定であったので、無茶をしなければ怪我はしないだろうと一安心。しかし、明日の予報は午後から雨。コースによっては濡れると豹変することがあるので濡れると滑りそうなところもチェックする。木の根が多いところは滑って走りにくくなることが多い。グリップ重視ででタイヤの空気圧を限界まで抜こうと私は25PSI、TAG-3隊長は20PSIまで落とす(通常は35~65PSIくらい)。結果はTAG3-X隊長が一周目でパンク。ビビッた私は27PSIまで上げる。しかも、予備のチューブもパンクしていて使えん!運良く試走に来ていた自転車屋さんに『チューブ売ってください。』『今はないけど明日出店出すし持ってくるよ』ということで、事なきを得る。その後は、カモシカ荘で風呂に入って、のんべ~チームと合流。BBQで肉を腹いっぱい食ってレースに備えた。
[PR]
by WATER_LAND | 2005-09-03 10:06 | MTB


<< グリムMTBフェスティバル2005 無免許 >>