登る宴@X-WALL

X-WALLの店長に9日に登る宴というコンペ&飲み会をするという話を聞き、夜勤明けではあるが参加してきた。一旦、家で2時間ほど寝てから14時に出発。21号線の渋滞で3時間以上かかった。登る宴は20時からなので2時間ほど遊ばしていただく。コンペはアフターワークで行われるので課題のチェックもしておく。といっても比較的得意な垂壁の課題だけで2時間たっちゃった&前腕終わっちゃったけど…
20時からは登る。1時間で何本登れるかで競われる。課題の内容もよく、大変な盛り上がりを見せた。普段なら1時間なんてあっという間であるが、最近登り込みが出来ないので完全にパンプアウト。最後は時間をもてあましたので、最後まであきらめずにトライしている人に軽くレクチャー。悔しいと思う気持ちやあきらめない心は上達の原動力。きっとみんな上手くなるよ。登るが終わって次は宴。ジム内にブルーシートを敷いて会場作り。店長と飲むのも久しぶりであったので楽しみにしていたが、さすが期待を裏切らない人であった。宴は一晩中誰かが起きていたようだ。私は次の日にカモノハシと約束があり3時に寝て4時30分に滋賀へ帰った。今回の登る宴はほとんどJOE君段取したと聞く。これだけのことを、ほとんど一人でやろうと思うと大変な労力であろう。ご苦労様でした。呼んでもらったことに感謝である。大変楽しいひと時であった。残念なことといえば、滋賀のメンバーで、行くといっておきながら来なかった者がいるということである。コンペの段取りというのは参加者を見て進めなければいけないところもあるし、なにより滋賀メンバーが来ることを大変楽しみにしていたJOE君がとても寂しそうであった。クライミングをしていたからこそめぐり合えた友達である。その接点を大切にしていきたいと考えるのは私だけであろうか。
[PR]
by WATER_LAND | 2005-07-09 17:49 | Climbing


<< 赤目自然農塾 七夕 >>