安乗@ジギング

前回、行きそびれた後輩の要望で給料もらったらすぐに釣り計画を発動した。船は頼りになる安乗のR丸。私たち3人と地元の常連さん3人で出船。狙いはサバ&タチウオ。出発前に道具を確認するとクーラーボックスが二つしかない。後輩の1人がどうせボウズだと思ってもってこなかったらしい。コノヤローと思いながら口には出さず必ず後悔させてやると心に決め乗船。場所は伊良湖沖まで出たので約一時間のクルージング。いつ見ても早朝の海は美しい。タチウオポイントにに着くと、早速私にあたりが。幸先のいい滑り出しであったが、数が出ずポイントを転々と釣って周る。さすが腕のいい船長で、一箇所では数は出ないが場所を変わるたびにヒットがあり、トータルではそこそこの数が釣れた。サバポイントに入ってからは完全に私の一人舞台になった。ワンキャストワンヒットで、ばれ易い魚のため半分は逃したがそれでも軽く20匹は釣った。タチウオも10匹は釣り堂々の竿頭。先輩としての面目を保てた。後輩も私の言う事をちゃんと聞いた方は爆釣モードに入り一気に数を伸ばしたが、クーラーボックスを持ってこなかったほうは本人は納得していたが船上の流れについて来れずサバ&タチウオは5匹ずつで終わった。最後に私の道具を丸ごと貸してやったら連続ヒットはするものの全バラシで時間切れ。それでもかなり楽しかったらしく、次回は道具を全て揃えてきますと意気込んでいた。こういう失敗を重ねて成長していくんだよね。彼には次回期待しよう。帰ってみるとN村から電話が…森銀がクラックでカムが抜けてグランドしたとのこと。命に別状は無かったが、腰骨を骨折したらしい。いまさら言うまでも無い事であるが、振り返る機会があれば再確認して欲しい。クライミングは大変危険を伴う遊びである事を。
[PR]
by WATER_LAND | 2005-06-25 08:40 | Fishing


<< X-WALL 中国料理改め中華麺@八景 >>