守山市@水はら(てんぷら)

モリスポの近くのこじんまりした店で、以前から気になっていたが、おいしいという情報を入手し行ってみることにした。付き出しにホタルイカが出てきたがこれが絶品。富山でもそうは食べられないという代物だった。聞けば京都の料亭で修行し滋賀に店を出したとのこと。これは楽しみ。しかし、その後出てきたエビがちょっと感心しなかった。カリッとした食感を求めるあまりか、良い材料がなかったのか、揚がりすぎで肝心のエビの水分が飛んでいた。その後に出てきたナスビ、エリンギ、タマネギ、メゴチ、ワカサギ、カボチャ、はうまかった(後二品あったが忘れました)。特にメゴチはおいしかった。しかし、最後に出てきたアナゴも旬の魚でないせいか今ひとつだった。滋賀という土地柄か良い魚を手に入れるのが難しいのだろうか?妻に料理屋を育てるためにも感じたことは言ったほうがいいといわれ、一言言っておくかと思ったが、カウンターの客がなにやらパーティーの予約をしている様子で、ちょっと間が悪い。悪かったことを上げているが私の評価は結構高いので次回気になることがあれば言って帰ろうと思う。
[PR]
by water_land | 2005-03-28 11:47 |


<< 総会 大鳥居@クライミング >>